ホーム>スタッフブログ>本物の波動 いかに自分の本質を表現するのか?
スタッフブログ

本物の波動 いかに自分の本質を表現するのか?



ヒーリングルームアレグリアスじゅんこです

http://www.healingroom-alegrias.com/



ルルドお話し会 10月30日(日)11時から 2000円



ルルドで受け取ったことをお話ししていくとともに、



自分の中のマリア性を引き出していくワークもしちゃおうかな?と思っています



j-alegrias@nifty.com



クリスタルボウルヒーリング、エンジェル気功、クリスタルで遊ぶワークなどはこちら

http://ameblo.jp/jf184k-alegrias/entry-12214040407.html





10月1日(土)に論語の先生、青柳浩明先生の講演会がありました



なんだかんだとスタッフのようにお手伝いする羽目になり



ほとんど写真を撮っていなかったら



昨日、お写真をいただいたので



写真をさらに写メするというアナログな私で失礼します(笑)





「論語ってあの漢字がいっぱいのやつでしょ?」



そう思っていたのですが



なぜか足利学校を見学している時に孔子像の前で



「じゅんこちゃん、論語の勉強会に来てみない?」



とお誘いを受けたのがきっかけで



月に一度、論語の勉強に行っていまして、まだ続いています(笑)





おじいさんばかりなのかな?



とか思っていたのですがそうでもなくて



いろいろな経歴の方と交流することができ



さらにこの青柳先生のトークがまた目から鱗なことばかりで



「え?これが論語なの???」と毎回びっくりさせれてしまいます





私はこの4月から5月くらいにかけて



たくさんのビジネス交流会のようなところに出かけては



初めての人にたくさん名刺を配ったり



短い時間の間にどれだけ自分の仕事について語れるのか?



SNSを使った集客なども勉強してみたり



いろいろやってみました



自営業のおじさまたちは本当によく頑張っているし



起業女子たちも本当にキラキラしていて素晴らしいな~と思う反面



「なんだかみんな苦しそうな感じがする・・・」



「この中で本当にハッピーだな~って思っている人って何人くらいいるんだろ?」



って思ってしまい



なんだか私はついていくのがつらくなってしまったのでした・・・





そんな時に論語の勉強会に参加してみたのですが



青柳先生の「今、目の前にいる人を大切にしていますか?」



「このクライアントさんのためにどれほど力を注げていますか?」



といった熱い言葉に共感し



「孔子先生が一番大切にされたのは仁です



仏教で言えば慈愛、キリスト教で言えば愛ですね」



というすごく全うな言葉に



「そうだよね、めっちゃシンプルだけど、そういうことだ」



なんとも腑に落ちる





講演会ではさらにわかりやすくその「一番大切にしなくちゃいけないこと」について



パワーポイント、さらにホワイトボードも使って解説していただきました



「耳障りのいいことを言う人を信頼するな」とか



「本当の友人とは・・・」



「君子(人の上に立つ人)とは・・・」



なんていうことも時事ネタを使って笑わせたりして



(不倫騒動のあった女子や元金メダリストや元都知事のあの方がネタになりました)





論語の世界を知っていくにしたがって



何かまるで根幹のようなものを作り直していくような



木の幹を太くしていくような



根っこをしっかりと張っていくような



そんな感覚があります





何がいいたいのか?っていうと



「愛だよね~」ってことです(笑)



(言葉にすると浅くなってしまう・・・)





ビジネス交流会で知り合った方でも



やはりその後も交流が続いている方は



ベースに温かいものを感じる方だったように思います





以前に友人の霊能力者がクライアントさんに



「私がこうだって言ってるんだから、こうなんだよ!」



っていう言葉を使っているのを聞いた時に



「いくら能力が高かったとしても、私は人間性を深め共に成長できるような



そんな関係性をクライアントさんたちと作っていきたい」



って思ったのですが



それは間違いじゃなかったんだ~♪って思いました





神渡良平先生(左)と両親です



青柳先生の講演の後にお話しくださいました



うちの父はだいぶ前に神渡先生をお呼びして講演会を企画したことがあり



「神渡先生がいらっしゃるなら・・・」と今回の講演会に参加しました



「でもだいぶ昔の話だから、俺のことなんて覚えてないよな~」



とちょっと思っていたそうなのですが



なんと!フルネームでお声をかけてくださいました





父が思わず「わ~うれしいな~覚えていてくださったのですね~」と言ったのですが



この時の神渡先生の対応のすばらしさ



本当に見習うところがあるな~って思いました



単に記憶力に優れているというわけではないと思うのですよ



その「神対応」に父の想いは報われ、



一瞬にしてハートが全開になったことはいうまでもありません





私は失礼ながら神渡先生のご著書を読ませていただいても



「ふ~ん」っていう感じしかわからなかったのですが



そのあとの懇親会で握手をしていただいた時のあったかい感じ



「あ~人には会ってみないとわからないな~



なぜ神渡先生がこれまでたくさんの講演をされてきたのか?



愛される人っていうのはこういう温かさを持っているのだなと共感したのでした







さらに行徳哲雄先生という王貞治さんや青木功さん、松岡修三さんのメンターとして



ご活躍の先生から「書」をいただきました



「人生笑いながら一生懸命」っていう意味らしい・・・なんかビンゴ?(笑)



行徳先生も大きな存在の方で



ほんのちょっとゲストとしてトークしていただいたのですが



その存在感に笑いがでちゃうってどうでしょう?



本物ってことだと思います



私のハートが喜んでしまうのだから



80歳をゆうに超えるえらい先生なのに



青柳先生(49歳)に自ら出向いて握手を求めて



「感動しました~♪」ってあっさり言えてしまう



それはきっと青柳先生にとっては光栄だったことでしょう



そしてそれを見せられた私たちにとっては



行徳先生の器の大きさを感じずにはいられなかったのでした





論語の勉強会に参加することにならなかったら



このようなえらい先生方にもお会することはなかったでしょうし



何よりもその「存在」している、それだけで



「自分は何者なのだ」ということを表してしまうというのは



その方がいかに真剣に生きるということに向き合ってきたのか?



ということの表れではないかな?と思いました



偉そうにしている人が立派な方なのではなく



たくさん本を出だしているから素晴らしいのではなく



その人の本質をどれだけ表現できるのか?



その根底に忘れてはならないのは「仁」なのだな~と



私も「本物」に触れる機会が持てたことに感謝しています














トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.healingroom-alegrias.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/82