ホーム>スタッフブログ>すべては繋がっているを思い出すクリスタルヒーリング
スタッフブログ

すべては繋がっているを思い出すクリスタルヒーリング

ヒーリングルームアレグリアスじゅんこです



出張クリスタルヒーリングに向かう電車の中でカードを引こうとしたら、うちのぬいぐるみたちがなんだかニコニコしているように感じたのでカバンから出してあげました笑笑

今回クリスタルヒーリングのセッションを受けられた方は、潔癖症歴18年という。
「あの頃、いろいろなことが重なって…」ということで、詳しくはお話しいただけなかったのですが、お母様が亡くなられたことが大きかったようでした。






お母様とのことについて聞いていこうか?と思うのですが、口から出る言葉は
「お父さんのお父さん、あなたのおじいさんはどんな方でしたか?」



お腹に置いたサーペンタイン、シャスタ山で採れたもので、深い緑色をしています。
写真の1番上に置いた石ですが、このサーペンタインが小刻みに震えて、まるで喋っているみたいでした。

このサーペンタイン、亡くなられた方とのコンタクトが得意技のようで…笑
どうしてなのか?わからないのですが…
私にはそんな位置づけなのです。

小さい頃、おじいさんとお父さんがよく言い争っていた記憶があるようでした。



「お父さん、大嫌いです。
亡くなった時も悲しくなかった。」

ご両親を次々と亡くされ、さらに離婚も経験され、幼い我が子とも別れてしまったと告白してくれました。
分離感、孤独感、さらには罪悪感と…
ハートが自分自身から切り離されてしまっているのを感じました。

あまりにもたくさんの感情の嵐の中で、耐えられなかったハート
これは「もうこれ以上は感じたくない」って思うでしょうし、
「すべての繋がりを断ち切ってしまいたい」と思ったとしても、仕方ないことではないかなぁ?とさえ思えてきます。

ここに登場するすべての人が「もっと繋がりたい」と思っているのに、「もう繋がれない」と諦めてしまっているようでした。



潔癖症という病気?の為に、自ら「私に触れないで!」という信号を出し続けているように感じました。
それと同時にそれは本当には「私に触って‼️」という強烈なメッセージのようにも感じ、
思わず手を握ってしまった私でした

もうひとりぼっちじゃなくていい
自分で自分を罰することはいいことは何もない
もっと繋がりを持っていい
もっと繋がろうとしていい
「許してくれるわけがない」
「拒絶されているに決まってる」
拒絶されてもいいじゃない?
それでもDNAは繋がっているのだから…



ご感想は「心の整理が出来て、すごく良かったです」とありました。

ありがとうございます

少しずつご自分を取り戻していけるようになるといいですね〜♪

クリスタルヒーリング
120分 15000エンジェル

クリスタルチャクラワーク
ハートチャクラ編6月29日(木)10時から16時
ベースチャクラ編7月2日(日)12時から18時
15000エンジェル

お問い合わせは
j-alegrias@nifty.com

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.healingroom-alegrias.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/251